Hatena::Groupgahaku

よしこ画伯の茹で写真 RSSフィード

なかま:よしこ画伯のズバリ啓示です 記事一覧 散歩一覧
 | 

2009-04-11

玉川上水を取水口まで歩く その3

| 03:59

 この道が暗くなったらいやだなぁ、と思いつつ進むことにする。

f:id:yoshikogahaku:20090412033740j:image

 不思議な木。たぶん、めり込んだ状態で伐採したんだけれど、ここだけ残ったんだと思う。

f:id:yoshikogahaku:20090412033739j:image

 こんぴらばし。

f:id:yoshikogahaku:20090412033738j:image

 日が暮れていく・・・。

 よく知らない土地で日が暮れるのはとても不安。

f:id:yoshikogahaku:20090412033737j:image

 プロパンガスだ。

 たしか安部公房が書いてたけど、都市ガスが来るとプロパンガスは要らなくなるわけで、プロパンガスの領域というのは郊外へ郊外へ延びていく。

f:id:yoshikogahaku:20090412033736j:image

 川が川を越えている不思議な場所。川が立体交差している。

f:id:yoshikogahaku:20090412034033j:image

 水は流れていない。

f:id:yoshikogahaku:20090412034031j:image

 この辺で足がすごく痛くなる。

 筋肉的には全然大丈夫なのだけれど、こすれて足が痛い。

 よしこの装備はボロボロのスニーカーを裸足でつっかけただけなので、すぐ足が痛くなる。

 本格的にウォーキングとか山歩きをする人に言わせたら「アホちゃう」なんだろうけれど、学習してない。

f:id:yoshikogahaku:20090412034030j:image

 痛い足をふんばって進む。松中橋。

f:id:yoshikogahaku:20090412034028j:image

 遠くに駅が見える。文明だ。文明って素晴らしい。

 武蔵砂川駅だと思う。

f:id:yoshikogahaku:20090412034325j:image

 この辺で突然、玉川上水が一部暗渠になる。こんな郊外で玉川上水が埋められているとはびっくりです。

 すぐ脇には巨大なゴルフ練習場が。

 ゴルフ練習場って、なんか「すさまじき」光景だよね。宗教的な荘厳さすらある。あの人たちは何をやっているのだろう。

f:id:yoshikogahaku:20090412034324j:image

 あぁ、よかった。川がまた続いている。

f:id:yoshikogahaku:20090412034323j:image

 怖い時計。

f:id:yoshikogahaku:20090412034322j:image

 はいじまじょうすいばし。

f:id:yoshikogahaku:20090412034552j:image

 暗くてなんだかサッパリわからない写真だけれど、ここでショッキングな出来事がありました。

 玉川上水の向かって右側(北側)を歩いていたのですが、それが線路(西武拝島線)にぶつかって、先へ進めないのです。

 左側には踏切があるのだけれど、川を渡る橋がない。ずーっと引き返せば橋があるけれど、かなりバッド。

 でも、線路が川を越えているのだから、橋自体は目の前にあるとも言えます。鉄橋が。

 悩んだ末、柵を越えて線路に入りました(良い子はマネしちゃだめ)。

 柵は低かったので簡単でしたが、線路の脇を伝って川を渡るのは結構怖かったです。高いところは苦手です。

 「ここで死んでもわたしらしくていいかなぁ」とか遠い気持ちになってたです。

f:id:yoshikogahaku:20090412034551j:image

 遂に拝島に! あと少しだけれど、すごいヤンキー世界で、夜歩くのがイヤになってくる。

 拝島駅はいくつかの路線が集まるターミナルで、玉川上水も一部暗渠で変な流れになってる。

f:id:yoshikogahaku:20090412034550j:image

 拝島駅を越えたところでまたハプニング玉川上水を見失いました。

 線路が沢山ある上、東京環状16号と7号線がぶつかる大きな交差点があって、うまく進めないでいるうちに道に迷いました。

 さっぱりわからなくなって、一時横田米軍基地沿いの超大きな道路沿いに歩くはめに。

 こういうひたすら車がびゅんびゅん走っている郊外の道路って、歩いていると本当にさみしい気持ちになります。

 アメリカンな教会がありました。

f:id:yoshikogahaku:20090412034549j:image

 歩行者など一人もいない最果ての16号沿いをションボリしながら歩いていると「五丁橋通」という看板が。

 「橋」とつくならきっと玉川上水の橋だと思い、思い切ってこの道に入ってみることに。

 するとどんぴしゃり! 玉川上水がありました! 会いたかったよー!

f:id:yoshikogahaku:20090412035448j:image

 でも、ここも玉川上水沿いの道がなく、近い道を辿ろうとして、また道に迷いました。

 仕方なく橋まで戻って、玉川上水のすぐそばを走る線路沿いに歩くことにしました。

 ここでまた迷うともう戻れない気がしたので、何があっても上水か線路沿いをしばらく進むことに。気弱になっています。

 だから、この辺りは正確には玉川上水沿いには歩いていません。線路沿いです。

 理容ぶんかつ。かっこいい建物。

f:id:yoshikogahaku:20090412035447j:image

 牛浜駅。最果てにヤンキーな世界。怖い。

f:id:yoshikogahaku:20090412035446j:image

 福生駅。福生はもう少し都会。

 駅前の「福生ウォーキング街道」みたいなトボけた地図に癒される。

 福生というと、村上龍を思い出します。福生を舞台にした初期の小説を読んだ頃は、福生がどこにあるかも知りませんでした。

 アメリカの軍人さんがいっぱいいて、若者がドラッグやってて怖い町、と刷り込まれました。

 アメリカ人は沢山いたけれど、若者は普通のヤンキーだけでした。

f:id:yoshikogahaku:20090412040302j:image

 しばらく線路沿いに歩いた後、少し川に近づいて、新奥多摩街道という太い道路沿いにシフト。

 宗禅寺というお寺から、何かを叩いてお祈りするみたいな荘重な音が聞こえてくる。

 そこからもう少し進むと、川方面らしい道から、割と浮かれた親子連れが出てくる。

 ほとんど歩行者がいない世界なので、「あっちは何か楽しいことがあるのかも」と、思い切ってその細い道に入ってみました。

 すると遂にまた玉川上水が!

 しかももうすぐ多摩川で、お祭りやってます。

f:id:yoshikogahaku:20090412040301j:image

 宴会とかお祭りとか大嫌いなのだけれど、この時ばかりは人がいるのが嬉しかったです。

 桜祭りで縁日みたいになっていて、そこら中でお花見客が酔っ払っています。

 不謹慎なやつらだけれど、今日は許してあげます。平和な川で良かった。

f:id:yoshikogahaku:20090412040845j:image

 ついに取水設備に。

f:id:yoshikogahaku:20090412040844j:image

 取水口のところは、デルタみたいな公園になっています。

 お昼間に来たらもっと楽しいと思います。

f:id:yoshikogahaku:20090412040843j:image

 ここから玉川上水が始まってる!

f:id:yoshikogahaku:20090412041228j:image

 東京都水道局羽村取水所。

f:id:yoshikogahaku:20090412041227j:image

 近くにはお社さんも。

f:id:yoshikogahaku:20090412041240j:image

 羽村の駅まで歩いて、電車で帰りました。

f:id:yoshikogahaku:20090412041226j:image

 筋肉的には全然大丈夫だけれど、靴が擦れて足が痛かったです。

 あと道に迷うとほんと辛い。夜だと辛さ十倍。ヤンキー多いと辛さ三十倍。

 マラソンはもっと長い距離を走るんだからすごい。

 というか、これ人間が掘ったんだよ。メカとかナシだよ。マン&アニマルオンリーよ。江戸時代マジ半端ない。

 Wikipediaで見ると、玉川上水は難工事で大変だったみたい。

 何度も失敗して、ルート選定で失敗した人が切腹させられたとか。

 今のビジネス社会も厳しいけれど、設計ミスとかしても切腹まではさせられないよ。

 武士じゃなくてよかった。

jiangmin-altjiangmin-alt2009/04/12 02:18すごい! すごい脚力! すてき!

yoshikogahakuyoshikogahaku2009/04/12 04:33誰でも歩けますよ。でも靴は歩きやすいのがいいです。靴、すごい文明です。
普段パンプスの時は駅まで歩くのもいやです。

jiangmin-altjiangmin-alt2009/04/12 21:43でもやっぱりすごい。それに線路歩くのすてき。Stand by me.
こないだの折紙工房にしても、散髪屋個性的すぎる!
拝島といえば、「河よりも長くゆるやかに」を想い出しました。それにしても小金井なつかしー。

 | 
プロフィール
カウンター
162835
カレンダー
<< 2009/04 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村